私たちはホームページで売上げを上げるための専門集団です。

TOP > ホームページコラム > 売り上げアップ5つのポイント

売り上げアップ5つのポイント

ワンズマインドはホームページで効果を発揮するには、以下のポイントを満たす事が重要だと考えております。


ターゲットを絞った集客手段が確立されていること

ホームページは作っただけで、ほったらかしでは誰も見てくれません。また、相互リンクを張ったり、やみくもにアクセスを増やしても、商品に関係のないお客様が問い合わせをすることはありません。ホームページで効果を発揮するために重要なことは 「商品のターゲットに合ったお客様」にアクセスしてもらうことなのです。

アクセス方法 問い合わせ率 備考
相互リンク  
名刺からアクセス × 一度、お会いしているお客さんが対象となるため、集客とはいえないかもしれません。
社名検索 × 御社を知っているユーザが対象となるので、集客はしずらい。
バナー広告 商品に浅い興味を持ったユーザがアクセスしてくる場合が多く、問い合わせ率は低い
チラシ・FAXなどからアクセス チラシの出来により、商品にある程度興味を持ったユーザがアクセスしてくる場合あり、問い合わせ率は高くなることもあるが、紙媒体からのネットへの集客は基本的に難しいと考えておいたほうが良いです。
キーワード検索 商品に関連のあるキーワードでアクセスしてくるユーザを増やせば、問い合わせ率は高くなります。
キーワード広告 商品に興味を持ったユーザがアクセスしてくるため、問い合わせ率は高い。
メール広告 DM形式で配信する場合、問い合わせ率が高くなります。
メールからはワンクリックでホームページに来れるため、ターゲットが明確化されている場合の効率は高くなります。

ページの先頭へ

ホームページ上で営業の流れが確立されていること

ホームページ上でいきなり商品説明を行っても、お客様は興味を引かれません。これは通常の営業と同じです。ホームページで効果を発揮するためには、通常の営業方法と同様に、興味引き、商品紹介、クロージング、囲い込み等、さまざまな営業プロセスを経る必要があります。

ページの先頭へ

興味の引けるコンテンツ内容であること

興味が引けない内容のホームページでは問い合わせを期待することは難しくなります。
ホームページで効果を発揮するためには、お客様の興味を引ける内容、つまり興味を引く文章、
明快なキャッチコピー、お客様が知りたい写真掲載などが必要になります。

ターゲット 内容 詳細
法人向けサイト 興味を引けない内容 ・簡単な会社概要
・一般的な会社方針の掲載
・概要しか掲載していない商品案内
・料金が不明確
興味を引く内容 ・ユーザへの問題提起
・事実に基づいたケースストーリーの掲載
・具体的な問題解決策の掲載
・他社との違いの明確化
・商品のこだわりを詳細に掲載
・詳細な料金一覧
・リアリティのある、生のお客様の声を掲載
・詳細なQ&Aを掲載
個人向けサイト 興味を引けない内容 ・商品画像が少ない
・古い
・文面に誇張が多く、信頼感が無い
・商品情報が少なく、内容が不明確
・料金が不明確
興味を引く内容 ・多くの商品画像
・鮮明な商品画像
・商品のこだわりを詳細に掲載
・リアリティのある、生のお客様の声を掲載
・詳細な料金表示

ページの先頭へ

分かりやすい文章であること

専門的な表現や、お客様を無視した独り善がりな文章のサイトを見かけます。
どんなにすばらしい商品も、お客様にその良さが伝わらないと意味がありません。
お客様の立場にたった文章表現が重要なのです。

ページの先頭へ

見やすいレイアウト・使い勝手の良い操作性・安心感のもてる
デザインであること

世間のHPに関するレベルは著しく向上しています。
インターネット上での企業の顔であるホームページが世間一般レベルのデザイン・操作性に達していないと、企業としての安心感を損ねます。

ホームページ上で効果を発揮するには、掲載されている情報にユーザを問題なく誘導する操作性、そして企業としてのユーザの安心感を得られるデザインが最低限必要となってくるのです。

ホームページ無料診断

「なぜ」うちのホームページは売れないの?その答えを
【毎月10社限定】ホームページ無料診断サービスを通してこっそりとお伝えいたします。


ページの先頭へ